【経営者必見!】畠山愛理も推奨!健康経営とは?企業のメリットについて調査

こんにちは、hiroyukiです。

昨今耳にすることも増えている「健康経営」とは?

元新体操選手の畠山愛理さんも
大同生命保険株式会社の
健康経営アンバサダーに任命され、
注目されています。

大企業・中小企業の経営者にとって必見とも言える
「人への投資」「健康経営」が生み出すメリットを
ここでは紹介していきます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

畠山愛理が実践!健康経営とは?

2021年5月に元新体操の畠山愛理さんが
大同生命保険株式会社の健康経営アンバサダーに
就任しました。

畠山愛理さんについては↓↓こちらを参照ください。

https://letgoofyourself.com/2022/04/04/hatakeyamaairi-suzukiseiya-saikyonohutari-major/

健康経営とは?

大阪に本拠を置くNPO法人・健康経営研究会の登録商標

理事長の岡田邦夫さんは大阪ガスの産業医

健康経営の目的

本来、企業は“人”が中心であり、“人”を資本として考えたマネジメントが基本であると私たちは考えています。 “人”それぞれが持つ資質を存分に活かせる環境づくりが、企業のマネジメントだと思います。 働く人が心身共に健康で、前向きに仕事に取り組める環境づくりが、マネジメントの基本だと思います。

引用元:https://kenkokeiei.jp/about

健康とはなんだろうか?
ただ元気なだけではなく、すっきり目覚め、おいしくご飯を食べ、意欲的に仕事でき、前向きに物事を考えられること

そのためには「病気になった時の対策」ではなく

「よりよく生きるための仕組み」が必要です。

つまり、健康を管理するのではなく

経営戦略として位置づける必要があるのですね

企業が「健康経営」に投資するメリットは?

健康に投資するメリット

①生産性向上や組織の活性化に繋がることで
業績や株価アップにも期待できるのではないか?

②企業が社員の健康に投資することで
国民の生活の質の向上や医療費削減など
社会の課題を解決するのではないか?

③健康経営優良法人に認定されることで
自治体から表彰され企業イメージの向上のみならず
地銀や信金から低利融資を受けられる可能性も高まるそうです。

なぜ今、「健康経営」がもとめられているのか?

2030年問題

2030年には日本の人口の1/3が65歳以上の高齢者になります。

2025年には第1次ベビーブームに産まれた団塊の
世代の人々が75歳の後期高齢者になるタイミング

予想されるのは…

従業員の高齢化

人手不足

国民医療費の増加

これらの問題に対応するためにも「健康経営」を
取り入れることで、企業価値を高めることと共に
日本のみならず、いずれ世界が直面する課題に
率先して取り組むことで新たなビジネスや
価値を生み出すことができるのではないかと
考えられているのです。

スポンサードリンク

まとめ

畠山愛理さんも推奨の「健康経営」について発信してみました。

今後の貴方の会社の経営を考える上でも
老後の人生を考える上でも
日本が今後、衰退ではなく発展するためにも
「健康経営」を学ぶことは必要なのではないでしょうか?

健康経営についてもっと詳しく知りたい方は↓↓こちらのサイトもお勧めです。

https://www.okan-media.jp/health-management

 

最新情報をチェックしよう!