落合モトキが百田夏菜子の夫役に!発達障害と向き合う『僕の大好きな妻!』

こんにちは、hiroyukiです。

6月4日スタートの土曜ドラマ『僕の大好きな妻
で俳優の落合モトキさんが主演の百田夏菜子さん
演じる発達障害の妻の夫役を演じます。

発達障害とはどんな病気なのでしょうか?

百田夏菜子さん演じる知花を
落合モトキさん演じる悟はどのように
支えていくのか?

表面化されない問題をテーマにした
ドラマの見どころに迫ります!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

落合モトキのプロフィール

落合モトキ

本名 落合扶樹 (おちあい もとき)

生年月日 1990年7月11日 31歳

出生地 東京都

身長 177cm

所属事務所

ファイブ☆エイト→スマイルモンキー
→ブレイブ→イトーカンパニー

4歳の時にスカウトされて以来
数々のドラマ、映画に出演されてますね!

動画を紹介

こちらの動画もそうですが、おばちゃん受けしそう!
そんなかわいらしさが魅力なのではないでしょうか?

この二人と一緒でも違和感がないのは
やっぱりイケメンなんですね~

こちらの会話でも気になりますが、

「20代になって自分にできるものが
これ(俳優業)しかない」

「他にできる職業があるか不安」

と語ってますが、俳優として様々な
役柄を経験されているので、そんなこと
ないのではないかと思ってしまいました(笑)

子役時代の写真

かわいいですね!そりゃあ、スカウトもされますね!

百田夏菜子のプロフィール

百田夏菜子 (ももた かなこ)

生年月日 1994年7月12日 27歳

身長 156cm

音楽グループ・ももいろクローバーZのリーダー

性格

本心から溢れ出る天真爛漫な笑顔で、見ている者すべてをハッピーにしてしまう能力」が備わっている

同書による、ファン・スタッフ・共演者へのヒアリング調査では、人柄を太陽に例える回答が複数あった。精神科医の斎藤環(筑波大学教授)による鑑定も行われ、強い意志と高いエネルギーを持ち、開放的で明るく非常に行動的であるとされた。

その一方で、自分ひとりが目立つことを好まず、謙虚で仲間を尊重し前に出たがらない傾向があり、ライターの小島和宏は「弱肉強食の芸能界においては珍しい普通の感覚も持ち合わせている」と述べている。

所属するももいろクローバーZにおいても、当初は指名されたリーダーというポジションを嫌がり続けていた。その後、リーダーはしっかりしなければいけないという固定観念を外すことで、自然体で任務を果たせるようになったという。

引用元:Wikipedia

筆者はこの性格と百田夏菜子さんの
天真爛漫な笑顔を見て、”持っている人”
だと感じました。参考までに姓名判断で
検索して一番最初に出てくるサイトで
「百田夏菜子」と打ち込むと…

総格→大吉(いわゆるキレ者タイプ)
天格→大吉(子供の頃から何をやっても成功)
地格→大大吉(財産も人も全て思い通り)
人格→大大吉(何があっても最後には成功)
外格→大凶(こちらだけ注意)
仕事運→大吉(信頼も厚くお金も産む)
家庭運→大吉(相手に譲る協調性が吉)

…とこんな結果になりました(参考までに)
勿論、本人の努力があってこそですが
生まれながらにして、”持っている人”なのです。

固定概念を外すとありましたが、これは
天才型の人は特に大事だと感じます。

思い込みは時として集中力の発揮に役立つ
こともありますが、思い込み(メンタルブロック)
を外すことでその人の本来の魅力を発揮する
きっかけになります。

百田夏菜子さんも自然体で任務を全うできる
ようになったみたいですね!

歌声

歌声はもって生まれたモノではなく
努力によって手にいれたモノのようですね!

まさに見ている者すべてをハッピーにしてしまう
そんな百田夏菜子さんは発達障害を持つ妻
・知花をどのように演じるのか?注目です!

スポンサードリンク

百田夏菜子が演じる「発達障害」とは?

発達障害

発達障害は、生まれつきみられる脳の働き方の違いにより、幼児のうちから行動面や情緒面に特徴がある状態です。そのため、養育者が育児の悩みを抱えたり、子どもが生きづらさを感じたりすることもあります。

自閉スペクトラム症とは
コミュニケーションの場面で、言葉や視線、表情、身振りなどを用いて相互的にやりとりをしたり、自分の気持ちを伝えたり、相手の気持ちを読み取ったりすることが苦手です。また、特定のことに強い関心をもっていたり、こだわりが強かったりします。また、感覚の過敏さを持ち合わせている場合もあります。

注意欠如・多動症(ADHD)とは
発達年齢に比べて、落ち着きがない、待てない(多動性-衝動性)、注意が持続しにくい、作業にミスが多い(不注意)といった特性があります。多動性−衝動性と不注意の両方が認められる場合も、いずれか一方が認められる場合もあります。

学習障害(LD)とは
全般的な知的発達には問題がないのに、読む、書く、計算するなど特定の学習のみに困難が認められる状態をいいます。

チック症とは
チックは、思わず起こってしまう素早い身体の動きや発声です。まばたきや咳払いなどの運動チックや音声チックが一時的に現れることは多くの子どもにあることで、そっと経過をみておいてよいものです。しかし、体質的にさまざまな運動チック、音声チックが1年以上にわたり強く持続し、日常生活に支障を来すほどになることもあり、その場合にはトゥレット症とよばれます。

吃音とは
滑らかに話すことができないという状態をいいます。音をくりかえしたり、音が伸びたり、なかなか話し出せないといった、さまざまな症状があります。

引用元:https://www.mhlw.go.jp/kokoro/know/disease_develop.html

発達障害は生まれ持った特性は

僕の大好きな知花の特性

と受け入れることでスタートする

2人の愛のドラマ

そんな『僕の大好きな妻』

で救われる人も沢山いるのではないでしょうか?

ドラマ『僕の大好きな妻』のみどころ

前述しましたが、人と違うことは個性なんて
綺麗ごとでは解決しない…そんな深いテーマ
であり、人には言えない悩みを抱えている人は
沢山いると思います。

そんな人たちを代弁するような作品であると
筆者は思いますし、それを支えることに悩んで
いる人も勿論沢山いると思いますので、その一助
となるようなそんな作品だと思います。

「人は一人では生きていけない」

支え合って生きていくために必要な
知恵と経験を伝えられるドラマであると
思いますので、是非沢山の人に観てもらえたら
いいなと筆者も思います。

原作

『僕の妻は発達障害』

著者 ナナトエリ・亀山聡(BUNCH COMICS 新潮社)

こちらのおふたりの実話に基づく漫画
が原作となっております。

本人コメントにも発達障害をテーマにした
ドラマは初めてでどのように受け止められるか
が不安とあり、お互いの関係に悩む人達の
助けになることが望まれている作品となっています。

まとめ

特別な才能がないと感じる
落合モトキさんが演じる夫・悟

天真爛漫で光り輝く
百田夏菜子さん演じる妻・知花

どのように支え合って二人は
歩んでいくのか?

そんな愛をテーマにした
『僕の大好きな妻』に注目です!

最後にももクロの代表曲「いくぜ!怪盗少女」
のライブ映像をお届けします!

日本を元気に!!

合わせて読みたい✅

こんにちは、hiroyukiです。 今回は現在公開中の映画『流浪の月』 こちらの文庫版と映画版の違いを 徹底調査してみました♫ 文庫版を読んで、映画がまだの方 映画を観て、文庫も読んでみようと 思っている方はネタバレ注意[…]

最新情報をチェックしよう!